About 大隅秀雄・風・彫刻 / ohsumihideo's website wind sculpture

About us

「風」は人を動かす。動かされるとは感動することである。と云われ、遠く離れた人から大切な想いを運び、人と人を繋いでくれます。そんな「風」のことばに耳をかたむけ、さまざまな想いをかたちにしのばせて、鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミ、チタンなどそれぞれの金属が本来持っている素材としての美しさや魅力に助けてもらいながら「心にひびく風」のすがたを探しています。

いつどんなふうにやってくるか分らない、気まぐれな「風」とつきあいながら、風まかせの動く作品を作っていると、「ま」という言葉が身体からなかなか離れていかない。
待つという「ま」、空間という「ま」、部屋という「ま」、休みという「ま」、ものとものとの「ま」、時間という「ま」、運という「ま」、、、
「間」の文化として、日本の風土に根付いたものの考え方や暮らし方を手がかりに、表情豊かな「風」を美しくかたちにしてみたい。

IMGP2980.jpg

なつかしい道具や機械を見ていると、ゆるやかな「時」の気配が感じられる。
手の延長としてゆったりと慈しむように、ものを作る手助けをしてきた。
心優しく、気持ちの通じる道具や機械たちが持つあわい。
ずう〜っと豊かな時を過ごしてきたに違いない。
ゆったりとした時の流れを実感出来るようにしつらえ、「心なごむ風」を吹かせたい。
ゆらり、ゆらりと柔らかに動く機械じかけの作品、表情豊かな「風」を楽しんで下さい。

When we see nostalgic tools and machinery, we feel the gentle presence of " time ".
Like extending a hand, comfortably and affectionately, it helps make things.
The atmosphere that the gentle and understanding tools and machinery have.
They have definitely lived a bountiful life.
Installed so that the gentle flow of time can be felt, I want to make a wind blow, that
heals our hearts.
Please enjoy this work's swaying and softly moving machinery, and the hints of an
expressive wind.